UNCLE DHB サウンドチェック

Uncle DHB “SUPER MATT” のサウンドチェック動画をご紹介します。
シンプルなフレーズで、コントロールを切り替えながら演奏しています。サウンドを確認してみて下さい。
ヘッドホンでのご視聴をお薦めします。

uncle1Uncleシリーズは、トラッドなJBの一回り小振りなディンキーサイズ・ボディーを持ちます。
レスポンスが良く、すっきりした音の立ち上がりがポイント。
大音量時や鍵盤等と演奏する際にもボトムの際立つ、スッキリと芯のあるベースサウンドを目指しています。

uncle4

マウントされたピックアップは、ダンカン製ベースラインのハムバッカーモデル。
セラミックマグネットのパワフルなサウンドのピックアップを2つマウントし、さらに一般的なパラレル配線と、シリーズ配線を切り替えられるようにミニスイッチを搭載しています。
これにより、所謂「ドンシャリ」的なサウンド(パラレル)と、最大の出力を持つ強力なハムバッカーサウンド(シリーズ)を瞬時に切り替えられます。

加えて、アクティブプリアンプを搭載しているため、手元でトレブルとベースのブーストカットが行えます。
センタークリック付きのコントロールポットを使用しているため、フラットなトーンにも瞬時に戻せます。
ライブでは重要なポイントですね。

クルーズオリジナルプリアンプのTBC-1は、基本コンセプトが「音を変えない」というプリアンプです。
EQがフラットの状態では「バッファーアンプ」的に働き、ナチュラルなパッシブサウンドに影響を与えません。
この「アクティブ臭くないアクティブ感」が最大の魅力だと言えます。

動画では、先ずEQをフラット(トレブル・ベースEQはセンター位置)からチェックをはじめています。

プリアンプはONで、ハムバッカーはシリーズ配列です。

続いて・ピックアップポジションのみ変更して演奏。
その後、ピックアップ、リア、フロント各単体のチェック。
ピックアップバランサーをセンター位置からフロント単体、リア単体に振っています。

スラップにも最適なファットで、パンチのあるサウンドです。

続いてセッティングはそのままでシリーズ配列→パラレル配線を切替え。

再度シリーズ配列に切替えプリアンプのON/OFFの切替えで、サウンドチェック。

プリアンプのON/OFFを切り替えてもサウンドが殆ど変わってないのがお分かり頂けると思います。
サウンドバリエーションの多彩さも含めてファンクやヘヴィーなグルーヴを求めるベーシスト、スラッパーやダウンチュー二ング+ピックでプレイするベーシストにもお勧めしたい、マルチなベースです。

[ UNCLE DHB PAGE ]

是非、全国のお取扱店様までお問い合わせ下さい。

uncle2